機械設計の部屋

機械設計知識

機械設備の安全対策と、安全に対する初歩的な考え方とは

「機械設備で安全性を高めたいけど、どうしたらいいか分からない」という方は多いと思います。 なぜなら機械に対する安全の考え方は企業や工場、さらには国によって様々なのでこれといった正解が無いからです。 ただ共通の考え方として、安全...
機械設計知識

図面公差はメッキ前?それともメッキ後?どちらが正しいのか

部品図面を書くとき、「メッキ厚」を公差に含むかどうか悩みますよね。 「加工寸法だとメッキの厚み分で部品も厚くなるし、かと言ってメッキ後の寸法だと加工公差はどう決めるのだろう?」という疑問は、設計者なら一度は考えたことがあると思います...
部品加工のコストダウン

タップや位置決めピン穴は必要以上に深い指示をしないこと!無駄に深いと百害あって一利なし

厚みのある部品に対してタップや位置決めピン穴を指示するとき、厚み全てを貫通する長さになっていませんか? 上の図のようにタップや位置決めピン穴が長いと、次のようなデメリットが発生します。 タップやリーマの工具が折れる特殊...
機械設計者として生きていく

機械設計の残業が多くてつらい…と感じた時に読んでください【原因と対策】

残業するのが当たり前すぎて、定時で帰るのが悪だと感じてませんか? 機械設計は残業が多い業種で、中には月100時間を超えるような残業も珍しくありません。 そうなってくると当然プライベートの時間もなく、気付くと設計部署の殆どが独身...
部品加工のコストダウン

それってMISUMIで買えるよね?加工部品の購入品化でコストダウンを狙う

部品を製作する場合、どんなに簡単な形状でも手間がかかります。 例えば、下の部品は丸棒の側面にタップを空けただけの部品です。(長さ100mm、S45CのHCr処理) この部品を加工業者に依頼した場合の製作費はおおよそ”1...
機械設計者のための電気知識

センサーをフィールドネットワークにするメリットってなに?

機械設計者の中には「フィールドネットワークってよく分からないし、どんなメリットがあるのかいまいちピンとこない」と悩む方は多いと思います。 それもそのはず、フィールドネットワークは電気制御寄りの内容なので、ふだん制御設計をしない我々メ...
機械設計知識

ヘリサートの使い方と使用場所の定義

ヘリサートとはコイル形状のねじ補強材のことで、スプリューとも呼ばれています。 アルミや樹脂など強度の弱い材質のタップは、強い力を加えたりネジを何度も取り外したりすると変形してしまいます。 そこでヘリサートをタップに入れ込み補強...
機械設計知識

メーターインとメーターアウトのスピコンの違いと使い分け方法

エア量を調整するスピードコントローラ(スピコン)には「メーターイン」と「メーターアウト」の2種類がありますが、空気圧設計の初心者には両者の違いや使い分けが分かりづらい部分があります。 そこでこの記事ではメーターインとメーターアウトの...
機械設計者として生きていく

機械設計ブログで得られた3つのメリット(収益はあるのか?)

この記事では私が機械設計ブログを始めた理由と、機械設計ブログで得られた3つのメリットを紹介します。 技術系ブログを始めてみたい方や、自分のスキルをアップしたい現役設計者の方の参考になれればなと思います。 機械設計ブログを始めた...
機械設計者のための電気知識

センサの配線の繋がり方を解説。3本線のそれぞれの意味は?

センサから伸びてる線には茶、青、黒の3本の線が出ていますが、この線にはそれぞれどんな役割があるのかを説明します。 我々が選定するセンサには基本的に以下の3本の線が出ています。 電源線+(茶色) 電源線−(青色) 出...
タイトルとURLをコピーしました