機械設計者の転職先の選び方は?同業種と他業種それぞれ考察しました

機械設計者の転職先の選び方は?同業種と他業種それぞれ考察しました 機械設計

機械設計者の転職先はどのように選べばよいのでしょうか?

転職先の選び方は「現在の職場で我慢できなかった不満」が解消できる企業かで選ぶ方が多いですが、転職先が同業種なのか、または他業種なのかでも変わります。

この記事では機械設計者の転職先の選択方法を、ケース別にそれぞれ解説します。

機械設計から同業種へ転職したいケース

機械設計から機械設計へ転職するケースです。

機械設計はモノ作りの上流工程では必須の職業なので、どんな企業でも機械設計者のニーズは高いです。

選択できる企業数が多いので、自分の強みを武器にしていかに希望通りの企業に転職できるかが重要になります。

このケースでの転職先の選び方には以下のポイントがあります。

1.社風や人間関係が合いそうか
2.年収に不満がないか
3.自分のスキルが活かせるか

1.社風や人間関係が合いそうか

会社の雰囲気(主に人間関係)が嫌になって転職を考える人は大勢います。

同じ機械設計であれば、「転職先がどんな仕事内容なのか」や「残業時間はどのくらいありそうか」というのが想像しやすいので、まずはどんな雰囲気の会社なのかを調べましょう。

転職先の情報を調べるには自力では限界があるので、転職エージェントの利用をおススメします。

マイナビエージェント なら機械設計の転職先情報だけでなく、転職ノウハウも豊富に揃っています。

転職エージエントを通じて転職先の仕事内容や、残業時間などの考え方に違和感がない会社を選択しましょう。

2.年収に不満がないか

年収も転職先を決める大きな要素です。

機械設計者の給料は300~1000万円と幅広いですが、平均でいったら400万円前後になると言われています。

また機械設計者の仕事は似たような内容が多く、現在と同じ仕事内容でも会社が違うというだけで年収が大きく変わる場合があります。

年収の高さはモチベーションに直結するので、少なくとも現在の年収以下にならない転職先を選択しましょう。

3.自分のスキルが活かせるか

同じ機械設計への転職の場合、自分がすでに持っているスキルが活かせます。

機械設計者は設計業務はもちろんのこと、案件をまとめるといったマネジメント業務もすることが多いですが、これらの経験はどんな会社でも活かせるスキルとなります。

スキルが活かすことで転職先での仕事もスムーズになり、職場でも良好な人間関係を築けやすくなります。

また特に専門性が高いスキルを持っている場合は、交渉で年収が上がる可能性もあります。

機械設計から他業種へ転職したいケース

機械設計から他の業種へ転職したいケースです。

機械設計は仕事内容が多岐に渡りますが、それは良い面がある反面、悪い面もあります。

機械設計者の中には「自分のやりたい仕事が中々できない」、「機械設計という仕事が嫌になってしまった」、という人が多くいます。

例えば「図面をガッツリ書きたいのに、管理業務ばかりやらされる」や「時間と労力をかけて設計したのに、他部署から文句ばかり言われて嫌になる」といったように、機械設計者特有の様々な不満があります。

このように、「機械設計という仕事が自分には合わなくなった」という方には他業種への転職がおススメです。

このケースでの転職先の選び方には以下のポイントがあります。

1.転職前と同じような悩みが出てこないか
2.他業種で活かせるスキルがあるか
3.入念に転職先の業種の情報を集める

1.転職前と同じような悩みが出てこないか

転職するきっかけの悩みには人間関係や年収などがあります。

せっかく転職するなら、転職前と同じ悩みが無さそうな転職先を選択しましょう。

機械設計が合わなかったという人は、製造業以外の転職先を選ぶことをオススメします。

なぜなら製造業で働いていて出てくる不満は、やはり機械設計者が抱えている不満と同じようなものであることが多いからです。

2.他業種で活かせるスキルがあるか

機械設計者が持っている設計スキルは他業種で活かすのは難しいかもしれませんが、業務マネジメントのスキルはどんな分野でも活かすことができます。

環境にもよりますが、転職前に業務を管理する業務マネジメントのスキルは持っておくべきです。

3.入念に転職先の業種の情報を集める

経験の無い業種へ転職する場合、転職先がどんな仕事内容なのかや、どんな風習や考え方なのかなど、分からないことが多くあります。

情報不足のまま転職してしまうと、転職前と同じような不満がでてきてしまうということになりかねません。

ですので、そうならない為にも転職先の業種について情報を仕入れることが重要になってきます。

先述しましたが、転職エージェントのマイナビエージェント を利用すれば様々な業種の情報を無料で仕入れることができますので、積極的に利用して情報を集めてから転職先を決定しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました