機械設計者の転職で失敗しない方法とは?【転職活動の効率UP】

機械設計者の転職 機械設計者の転職

転職活動では多くの時間や気力を割くため、ほとんどの方が体力的・精神的に消耗してしまいます。

そのような状態では転職先の選定や面接対策に力が入らず、結果として希望の転職先が見つからない、または転職先を妥協してしまう、といった失敗を引き起こしてしまいます。

この記事ではそのような失敗を防ぐために、効率の良い転職活動をする方法と、好条件な転職先の見つけ方を紹介します。

具体的には次のことが分かります。

この記事で分かること
  • 転職パターン別の転職方法
  • 機械設計者向けの求人の見つけ方
  • 好条件な非公開求人の見つけ方

転職活動を成功させるためには、『正しい知識をどれだけ事前に持っているか』が重要です。

ぜひこの記事を最後まで読んで、より良い転職へのきっかけにしてください。

機械設計からの転職先は同業種?他業種?どちらがいいのか

転職先を同業種にするか、それとも他業種にするかで転職の進め方が変わります。

あなたが現在抱えている悩みを転職先でも繰り返さないように、それぞれのパターンに分けて考えてみましょう。

同業種(機械設計)へ転職するパターン

次のような悩みや考え方を持っている方は、『同業種への転職』を考えてみてください。

  • 機械設計の仕事自体は好き
  • 新しく仕事を覚えるのは正直キツイ
  • 上司や同僚に対して不満がある
  • 給料の少なさに不満がある
  • 会社の将来性に不安がある

このように「基本的に機械設計は好きだけど、会社に不満がある」という方は非常に多いです。

せっかく好きな機械設計の仕事を続けていくなら、環境の良い会社で働きましょう。

同業種への転職は、以下のポイントに注意して転職活動を進めましょう。

POINT
  1. 社風や人間関係が合いそうか
  2. 希望通りの年収か
  3. 自分のスキルが活かせるか

詳しくは機械設計から同業種へ転職したいパターンで解説していますので、こちらも合わせてご覧ください。

他業種へ転職するパターン

次のような悩みや考え方を持っている方は、『他業種への転職』を考えてみてください。

  • 機械設計の仕事が向いていないと感じる
  • 別の仕事を経験してみたい
  • 上司や同僚に対して不満がある
  • 給料の少なさに不満がある
  • 会社の将来性に不安がある

先ほどと違って、「会社に不満がなくても、機械設計の仕事を辞めたい」といった悩みですが、これは20代や30代の若手設計者に多い悩みです。

機械設計の仕事が合わないと感じたら、早めに他業種へ転職し、自分に合う仕事を見つける方がストレス的にも楽ですよね。

他業種への転職は、以下のポイントに注意して転職活動を進めましょう。

POINT
  1. 転職前と同じような悩みが出てこないか
  2. 他業種で活かせるスキルを持っているか
  3. 入念に転職先の業種の情報を集める

詳しくは機械設計からへ他業種へ転職したいパターンで解説していますので、こちらも合わせてご覧ください。

機械設計スキルを活かすならCADオペレーターがイチオシ

他業種の中でも、『CADオペレーター』は機械設計のスキルを生かせるので、転職してからもスムーズに仕事を覚えることができます。

機械設計職自体がCADオペレーターの上位職でもあるので、その分給与面で好条件を出してくれる可能性もあがります。

またCADオペレーターは機械設計と違い、完全在宅ワークも可能なので、コミュニケーションにストレスを感じる方にはオススメな職種です。

CADオペレーターへの転職については疲れた機械設計者へ”CADオペレーターへの転職”をおすすめする3つの理由と転職方法で詳しく解説していますので、こちらも合わせてご覧ください。

従来の転職方法だと失敗する可能性あり

転職活動を始めようとすると、まずはインターネットで求人を探す場合がほとんどだと思います。

そしてその求人の中で、「給料が高さそう、雰囲気が良さそう」な会社を見つけ応募する、というのが一般的な流れになります。

でもその方法だと、求人情報に載っている”表向き”の情報を信じるしかないので、「入社してみたら実際はブラックな会社だった!」なんて場合があります。

求人情報の酷いウソ
  • 給与が提示された額より低かった
  • 残業が少ないと言われたのに、サービス残業を強要された
  • アットホームな職場は実はパワハラ、セクハラが横行してる職場だった

転職したばかりだとすぐに再転職することは難しいので、こんな会社でもしばらくは我慢して働かなくてはいけません。

せっかく自分の時間と体力、気力を犠牲にして転職したのに、その転職先がブラック企業だったなんて最悪...

このように転職活動で失敗しないためには、転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントを利用することで、最短の時間でワンランク上の会社に転職することができます。

無料の転職エージェントを使い倒しせ!【効率UP】

現在、転職者の4人に1人が転職エージェントを利用していると言われています。

逆に言えば、75%の人が先ほどのような失敗をするリスクを背負って転職活動しているということになります。

転職で失敗しないためにも、まずは転職エージェントに登録するところから始めましょう。

ここでは転職エージェントを利用した場合、実際にはどんなメリット・デメリットがあるのかを紹介するので、ぜひ参考にしてください。

転職エージェントの5つのメリット

転職エージェントを利用することで得られるメリットは主に5つあります。

  1. 非公開求人を紹介してもらえる
  2. 自分の代わりに求人を探してもらえる
  3. ブラック企業を避けられる
  4. 履歴書・面接サポートを受けられる
  5. 面接結果のフィードバックが貰える

それぞれ説明していきます。

1.非公開求人を紹介してもらえる

転職する場合、自分で転職先を探す方法をとる人がいますが、それだと希望の転職先が見つからない可能性があります。

なぜなら、求人情報を公開していない企業が多く存在するからです。

求人を非公開にする理由

非公開の理由は色々あるのですが、大体が「給与や仕事内容などの内部情報を競合他社に知られたくない」や「選考にかけるリソースに限りがあるので、選考前に求職者を絞りたい」といった理由です。

このような非公開求人は、転職エージェントにしか公開されていないため、自分一人での転職活動では見つけることができません。

また非公開求人の場合、専門性なスキルに特化した人を求めている場合が多く、給与も相場より高い傾向があります。

2.自分の代わりに求人を探してもらえる

転職エージェントは転職者の希望に合った会社を見つけてくれます。

自分で転職先を探す場合、仕事が終わった後や休日に調べることになるので、沢山ある会社を調べ切ることはかなり難しいです。

転職エージェントはその手間を肩代わりしてくれるので、自分の時間を守ることができます。

3.ブラック企業を避けられる

転職エージェントによっては、ブラック企業の求人を受け付けないようになっています。

その理由として、転職エージェントが紹介した転職者が短期間で退職してしまうと、その会社からの紹介料が転職エージェントに支払われなくなるからです。(=報酬なし)

これでは転職エージェント側も利益が上げられなくなってしまうので、転職者がすぐに辞めてしまうようなブラック企業からの求人は排除されるようになっています。

ですので、転職エージェントが保有している求人情報は、安心できるものがほとんどです。

4.履歴書・面接サポートを受けられる

転職エージェントは転職のプロ集団なので、そこから履歴書や面接のサポートを貰うことで有利に転職活動を進めることができます。

どんな人物を転職先企業が希望しているかも把握できているので、それに合わせるかたちで対策をとることもできます。

この対策があるとないとでは、内定率がかなり違ってきます。

5.面接結果のフィードバックが貰える

面接で落ちた場合、ほぼ全ての企業は落とした理由を教えてくれません。

しかし転職エージェントであれば企業へ聞き込みをしてくれるので、「何が原因で落とされたのか」をフィードバックしてくれます。

このフィードバックをもとに次の企業への面接対策を練ることができるので、効率的に面接の力を上げていくことができます。

転職エージェントの3つのデメリット

転職エージェントにも次の3つのデメリットがあるので、あらかじめ把握して対策できるようにしておきましょう。

  1. 転職エージェントによって案件に偏りがある
  2. 担当サポーターに当たり外れがある
  3. 求人に偏りがある(報酬優先)

それぞれ説明していきます。

1.転職エージェントによって案件に偏りがある

転職エージェントによって扱う案件が変わります。

大手であれば対応できる職種は多いのですが、それでも全ての職種を対応できていません。

例えば、営業職のみや薬剤師のみ、ITエンジニアのみといったように、かなり職種を限定している転職エージェントもあります。

”自分が希望する職種”と”転職エージェントが得意な職種”がマッチしているかは、事前に確認しておきましょう。

2.担当サポーターに当たり外れがある

これは実際に担当者が付かないと分からないのですが、転職エージェントの担当者にも当たり外れがあります。

担当者が新人であったり、希望する職種に詳しくないといった場合は、申し訳ないですが担当者を代わってもらいましょう。

自分の人生を変える大事な転職なのでそれくらいはしてもOKですし、転職エージェント側も普通に対応してくれます。

3.求人に偏りがある(報酬優先)

転職エージェントは転職先の企業からの成功報酬で利益を上げています。

この報酬は転職者の年収が高いほど多くなるので、転職エージェントによっては利益優先で高年収の求人ばかり提案してくることがあります。

その場合は自分が適正だと思う年収の求人を提示してもらえるように交渉するか、それでもダメな場合は他の転職エージェントを利用するようにしましょう。

転職者に親身になって対応してくれる転職エージェントを探すのは難しいですが、次の章で紹介する転職エージェントであれば問題ありません。

機械設計に強い転職エージェント

機械設計者向けの転職エージェントは限られてきますが、その転職エージェントを探すことはかなりの時間を労します。

そこで今回は、約40企業ある転職エージェントのなかで、機械設計に強い(=求人が多い)転職エージェントを選出しました。

もちろん全て無料で利用できる&信頼できる大手の転職エージェントなので、まずは登録だけしてみてどんな求人情報があるかを確認してみてください。

【まとめ】機械設計者の転職を成功させる方法

機械設計者が転職を成功させるには、まずは自分がどの職種に転職したいのかを再認識し、その職種に合った転職エージェントを利用するのが一番の近道です。

また、今は転職を考えていなくても「自分がどういった会社から必要とされているか、またはどのくらいの市場価値があるのか」を転職エージェントで再認識することもできます。

今回の記事は以上になります。皆さんの転職活動の成功への後押しとなれれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました