機械設計に疲れた方は、ストレスの少ない”CADオペレーターへの転職”を考えてみてください。

 >>現行スキルを活かした”CADオペレーター”という選択肢

3DCAD用ノートパソコンの失敗しない選び方とおすすめ機種【Quadro搭載】

3DCAD用ノートパソコンの失敗しない選び方とおすすめ機種【Quadro搭載】 機械設計者の副業

「3DCADを動かすためのノートPCのスペック」が分からずに困っていませんか?

ノートPC選びで間違ったスペックを選んでしまうと、3DCADが起動すらしないといった問題が発生してしまいます。

特にノートPCはデスクトップに比べてスペックが劣るので、モデル選びはより重要になります。

しかしノートPCには多くの種類があり、どのモデルが3DCADに適しているか分かりづらい問題があります。

デスクトップPCに比べてスペックが劣るノートPCで、問題なく3DCADを動かせるか心配…

そこでこの記事では、「価格を抑えつつも、3DCADが問題なく動かせるノートパソコンの選び方」を解説します。

※実際に私は本業で3DCADを毎日がっつり使っているので、その経験をもとに選んでいます。

また、「有名どころの3DCADが動くノートPC」の具体的なモデル紹介もあるので、パソコンのモデル選びが面倒!という方はぜひそちらをご覧ください。

※デスクトップパソコンで3DCADを使いたい方は、こちらの記事をご覧ください。

>>3DCADが使える「デスクトップPC」の選び方

3DCADを動かすのに必要なスペック

まずは3DCADに必要なスペックの紹介になりますが、別の記事で「3DCADソフトごとに必要なスペック」と、それをもとに導いた「3DCADを動かすのに最低限必要なPCスペック」を解説しているので、まずはそちらをご覧ください。

<<3DCADソフトごとに必要なスペック

<< 3DCADを動かすのに最低限必要なPCスペック

簡単に説明すると、以下の表にあるスペックが3DCADを使うPCには必要になります。

CPUGPUメモリ
低負荷向けCore i5以上Quadro P620以上8GB以上
高負荷向けCore i7以上Quadro P4000 or RTX4000以上32GB以上
3DCADを動かすのに必要なスペック表

※作業内容で大きくスペックが変化するので以下の2つに分けています。

  • 低負荷向け・・・3Dプリンタなど、数点のモデル作成を想定
  • 高負荷向け・・・業務レベルで何百点のモデルを取り扱うのを想定

3DCADが動くおすすめノートパソコン

では実際に3DCAD使用に必要なスペックを満たすノートPCを紹介していきます。

(※紹介しているパソコンの価格や割引クーポンは変更されている可能性があります、ご注意ください)

Lenovo

Lenovoは「簡単には壊れない頑丈さ」や「カスタムの自由度」を武器に、多くの企業で採用されているパソコンメーカーです。

有名なのがThinkPadシリーズで、現場でよく見かけるという方も多いです。

高スペック向けには”ThinkStation”シリーズがあり、3DCADや3DCGなどの高スペックソフトを使用する場合はこのシリーズから選ぶことになります。

低負荷向けノートパソコン(15インチ)

  • 価格: ¥161,568
  • CPU: Intel Core i5
  • GPU: Quadro T600
  • メモリ: 8GB
\ 7万円以上の限定クーポンあり /

低負荷向けノートパソコン(17インチ)

  • 価格: ¥288,332
  • CPU: Intel Core i5
  • GPU: Quadro T1200
  • メモリ: 8GB
\ 11万円以上の限定クーポンあり /

高負荷向けノートパソコン (15インチ)

  • 価格: ¥647,438
  • CPU: Intel Xeon
  • GPU: Quadro RTX5000
  • メモリ: 32GB
\ 33万円以上の限定クーポンあり /

高負荷向けノートパソコン (17インチ)

  • 価格: ¥538,912
  • CPU: Intel Xeon
  • GPU: Quadro A4000
  • メモリ: 32GB
\ 23万円以上の限定クーポンあり /

HP

HP(ヒューレット・パッカード)は米国のコンピューター機器製造・販売企業です。

HP最大の特徴は、低価格ながら洗礼されたデザインにありますが、3年間の無償保証が付いてくるのも人気の1つとなっています。

他メーカーのような割引クーポンなどはありませんが、その分最初から価格が低くなっているので、価格面でも引けを取りません。

高スペック向けには”HP ZBook”シリーズが用意されているので、3DCAD用PCはこのシリーズから選ぶことになります。

低負荷向けノートパソコン(14インチ)

  • 価格: ¥206,800
  • CPU: Intel Core i7
  • GPU: Quadro T500
  • メモリ: 16GB
\ 3年間の無償保証込みが無料で付いてくる /

低負荷向けノートパソコン(15.6インチ)

  • 価格: ¥210,100
  • CPU: Intel Core i7
  • GPU: Quadro T500
  • メモリ: 16GB
\ 3年間の無償保証込みが無料で付いてくる /

低負荷向けノートパソコン(17.3インチ)

  • 価格: ¥394,900
  • CPU: Intel Core i7
  • GPU: Quadro T1000
  • メモリ: 16GB
\ 3年間の無償保証込みが無料で付いてくる /

パソコンは数年ごとの定期的に更新が必要になります。

この記事で紹介したような、「スペックを満たしつつ価格も抑えられているノートパソコン」を選んで、無駄な出費を抑えましょう。

コメント

  1. […] 機械設計の部屋 3DCAD用ノートパソコンの失敗しない選び方とおすすめ機… […]

タイトルとURLをコピーしました