タップや位置決めピン穴は必要以上に深い指示をしないこと!無駄に深いと百害あって一利なし

タップや位置決めピン穴は必要以上に深い指示をしないこと!無駄に深いと百害あって一利なし 部品加工のコストダウン

厚みのある部品に対してタップや位置決めピン穴を指示するとき、厚み全てを貫通する長さになっていませんか?

深い穴は加工が大変!コストアップ要因となる

上の図のようにタップや位置決めピン穴が長いと、次のようなデメリットが発生します。

  • タップやリーマの工具が折れる
  • 特殊な工具が必要になる
  • 穴が斜めになりやすくなる

これらのデメリットは無駄に加工費が上がる要因となり「百害あって一利なし」なので、タップ穴や位置決めピン穴は必要な分だけの長さにしましょう。

適切な長さは次の通りです。

【適切な穴深さ】
タップ深さ・・・タップ径の1.5〜2倍
位置決めピン穴深さ・・・位置決めピンの径の2倍

また下穴が貫通していた方がその後のタップや位置決めピン穴の加工がしやすいので、下穴は出来るだけ貫通させましょう。

さらに下の図のように不要な部分は反対側から大きめのバカ穴を空けておけば、ワイヤー加工での公差穴の加工がしやすくなります。

適切な穴深さでコストダウン!

ボルトの通し穴ではない役割の穴はその都度、適切な深さになるように心がけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました