副業で使う3DCADはFusion 360がコスパ最強!副業の始め方も合わせて紹介

副業で使う3D-CADはFusion 360がコスパ最強!副業の始め方も合わせて紹介 機械設計者の副業

世間は副業ブーム真っ最中ですが、設計者の中でも副業に興味がある方は大勢います。

しかし「副業って何をしたらいいのか分からない」という理由から、実際に副業をしている人はまだまだ少ないのが現状です。

ただしそれはかなり勿体無いことで、本業で3D CADを使っている人であれば、3D CADを使った副業で収入を得ることができます。

中でも、Fusion 360という3D CADを使うことで、かなり手軽な金額で副業を始めることができます。

この記事では、副業で使うならFusion 360が最強である理由Fusion 360での副業の始め方を紹介します。

\ 最大「1年間」は無料で使える /

Fusion360は価格が圧倒的に安くてコスパ最強

まずはFusion 360と類似3D CADの価格比較をします。

価格料金体制
Fusion 360¥61,6001年
Solid Edge¥135,0001年
Inventor¥318,0001年
IRON CAD¥898,000永年
Solid Works¥985,000永年
iCAD SX¥1,380,000永年
※それぞれ最安値プランの料金になります

この表から分かりますが、Fusion 360の価格は他の3D CADと比べて「年間¥61,600」と圧倒的に安いですね。

月々に換算すると¥5,133となり、お小遣い程度の金額で3D CADが利用できる計算となります。

対して他の類似3D CADは最安値でも月々¥11,250となり、1万円をオーバーしてしまいます。

このことから副業としての3D CAD利用を前提に考えると、Fusion 360一択なのが現状ですね。

フリーランスの場合でもFusion 360を選ぶ事で、毎月の固定費をかなり抑える事ができます。

もしFusion 360以外の3D CADを買ってしまうと、「月々数万円をコンスタントに稼がないとCAD代が払えない」といった状況になってしまいます。
これでは副業する意味が無くなってしまいうので、Fusion 360を選ぶことでそういったリスクも抑えることができます。

Fusion 360だと副業の効率が上がる

Fusion360を副業で使用すると他の3D CADに比べて仕事の効率が上がります。

ここではその理由をそれぞれ解説します。

\ 最大「1年間」は無料で使える /

【機能】設計力を高める豊富な標準機能

Fusion 360にはCADとして必要とされる機能が一通り揃っています。

  • パラメトリックモデリング
  • スカルプトモデリング
  • 干渉確認
  • アニメーション
  • 構造解析
  • 3Dモデルの2D図面化
  • CAM

他にも拡張機能も何種類か用意されていますが、普通に使用する分には上記の標準機能で十分です。

機能の中で特に面白いのが、”スカルプトモデリング”で、粘土を捏ねるような操作でモデリングする事が出来る機能です。

機械設計としてはパラメトリックモデリングで十分なのですが、柔らかい曲線なんかのデザイン性を持たせたい場合は、このスカルプトモデリングを使えば、デザイン性の高い形状にする事ができます。

さらにFusion 360のコスパが最強の理由として、3Dモデルの2D図面化が出来る点が挙げられます。

3D→2D化をFusion 360で完結させる事で、今まで必要だった2D CADが不要になり、図面作成がスムーズになることで工数の短縮にも貢献する事ができます。

【安心度】世界トップシェアを誇る“AUTODESK“の3DCAD

Fusion 360はCAD界でトップシェアを誇る“AUTODESK社“の製品です。

同社の2D CAD“AutoCAD“は設計者の99%が知ってると言っても過言ではないくらい有名ですね。

業界最大手である事で次のメリットがあります。

  • ほとんどの仕事に対応できる
  • 他のCADにも移行しやすい
  • バグが少ない

ほとんどの仕事に対応できる

仕事を受ける時に依頼主からCADの指定をされる場合があります。

その理由としては、納品された完成データを依頼主側で修正する時に、もし違うCADで作成されていると“データが開けない、または開けても編集できない“といった問題が発生してしまいます。

そういった場合もFusion 360であれば多くの企業が採用しているので、幅広く対応できます。

他のCADにも移行しやすい

CAD自体の操作方法も業界標準の操作方法なので、将来的に他のハイエンドCADへ移行する場合でも、スムーズな移行をする事がが出来ます。

バグが少ない

バグの多いと設計スピードも悪化します。

せっかく細部までモデリングしたのに、急にCADが落ちてしまうとその時間は無駄になってしまいます。

これが納期に追われている時だったら怒り爆発ですよね。

その点大手のCADであるFusion 360ならバグ対策もしっかりしているので、安心して設計することができます。

もしバグがあった場合もAUTODESKのサポートに連絡すれば、次回のバージョンアップの際に対応してくれる場合もあります。

【情報量】ユーザー数が多く、情報が溢れてる

Fusion 360は他の3D CADに比べてユーザー数が多いので、それだけ情報も豊富にあります。

具体的には、Fusion 360には公式フォーラムがあり世界中のユーザーと情報交換をすることができます。

操作方法などの分からない事も、このフォーラムに質問する事で他のユーザーが答えてくれます。

>>Fusion 360 日本語フォーラム

また個人ブログ等でFusion 360の操作方法や使い方などを解説しているユーザーも多くおり、そういったブログ等で問題の解決方法を見つけることもできます。

他にも解説本やYouTubeでの動画なども豊富にあり、“ヘルプ“以上に役に立つ情報が沢山あるのもFusion 360の大きなメリットの一つです。

>>Fusion 360 Japan公式Youtubeチャンネル

Fusion 360で始める副業

Fusion 360を副業として利用するには、自分で仕事を探さなくてはなりません。

CADを使った副業はクラウドワークスなどでオンライン上で探すのが一般的です。

具体的な副業の方法は別に記事を書いたので、そちらを参考にして下さい。

>>CADを使った在宅ワークや副業はどうやって探すの?持っておいて間違いのないCADはどれ?

\ 最大「1年間」は無料で使える /

以上のように、設計者は自分の持っている3D CADのスキルを生かすことで副収入を得ることができますので、ぜひ挑戦してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました