CADを使った在宅ワークや副業はどうやって探すの?持っておいて間違いのないCADはどれ?

CADを使った在宅ワークや副業はどうやって探すの?持っておいて間違いのないCADはどれ? 機械設計

本業でCADを使って設計している設計者やCADオペレーターの方は、その経験を生かして在宅ワークや副業にすることができます。

今回の記事では、在宅ワークや副業の仕事の見つけ方持っておくべきCADの紹介をします。

CADを使った在宅ワークや副業の探し方

CADのスキルはあるけど、仕事はどうやって見つければいいんだろう?

CADスキルを活かした在宅ワークや副業をするには、まずは自分で仕事を見つけなくてはなりません。

個人でできる仕事の見つけ方には、大きく2つの方法があります。

【個人でできる仕事の探し方】
1.派遣会社で探す
2.クラウドソーシングで探す

この2つの1番の違いは、報酬の発生条件です。

派遣会社から仕事を受ける場合は時給制になるので、働けば働いた分報酬が貰えます。

一方クラウドソーシングは成果報酬型であることがほとんどで、仕事にかけた時間が多かろうが少なかろうが貰える報酬は同じです、

1.派遣会社で探す

派遣会社を通して仕事を探すことで、継続的に仕事を貰え安定した収入が期待できます。

おすすめの派遣会社はクラウドテックという会社になります。

Clowdtech(クラウドテック)

クラウドテックはクラウドソーシング最大手のクラウドワークスが手がける、派遣やフリーランス向けのサービスです。

クラウドテックのメリットとしては、専任のフリーランスキャリアアドバイザーが仕事探しから稼働中のサポートをしてくれる点にあります。

 
具体的には…
・経験・スキル・希望条件にマッチした仕事を紹介
・クライアントとの面談調整、契約などすべてお任せ
・稼働中も定期的な面談を行い、疑問や要望など気軽に相談

働き方も常駐タイプや、常駐からリモートワークへ移行するタイプ、フルリモートタイプなど幅広い仕事があります。

また報酬も高めの印象で、フリーランス向けで月30万円を超す求人が多く掲載されています。

2.クラウドソーシングで探す

クラウドソーシングを利用して仕事を受ける方法もあります。

クラウドソーシングには単発系の仕事が多いので、自分のペースで仕事ができるのが大きなメリットです。

また、受けたい仕事を自分で選ぶことができるので、派遣会社を通して仕事を受けるよりも自分に合った仕事をすることができます。

クラウドソーシングには次の企業が有名です。

【クラウドソーシング企業】
・ClowWorks(クラウドワークス)
・coconala(ココナラ)

CloudWorks(クラウドワークス)

クラウドワークスはクラウドソーシングの最大手で、先述したクラウドテックのサービス元になります。

主婦やエンジニアの副業として人気のサービスで、自分の生活スタイルに合った仕事を探すことができます。

また、業界最大手ならではのメリットがたくさんあります。

 
具体的には…
・自分の予定に合わせた仕事が可能
・ネット完結なので会員登録から仕事受注までが簡単
・仕事数は業界最大級で、種類も246種類
・上場企業が運営している安心感

登録はもちろん無料です。(仕事を探すだけなら登録無しでもできます)

coconala(ココナラ)

ココナラは自分のスキルを販売するといったイメージのクラウドソーシングです。

「私は○○○といったスキルを販売しています」といった人に対して仕事を依頼するといったサービスとなり、自分のスキルを見た企業側が仕事を依頼してきます。

 
具体的には…
「部品設計、図面制作できます」や「手書き図から3Dデータを作成し、実際に3Dプリンタで制作できます」といった感じで、自分のスキルや実績を紹介しています。企業側は「この人なら仕事を任せてみたい」といった人に仕事の依頼をします。

これだけは持っておくべきCAD

実際にCAD関係の仕事を受ける場合、個人でCADを準備する必要があります。

CADには色々な種類があり「どのCADを準備すればいいのか?」と悩んでしまいますが、このCADさえあれば大丈夫と思うものをここで紹介します。

CADには2次元(平面)用CADと3次元(立体)の2種類に分けられ、CADの仕事をするには両方使えるほうが仕事も幅が拡がります。

おすすめなのが次の2つになります。(それぞれ解説します)

【これさえあればOK】
2D CAD・・・AutoCAD
3D CAD・・・Fushion360

2DCADならAutoCAD

AutoCADはアメリカの企業であるAUTODESK社が開発したCADです。

AutoCADはCAD界では古くからトップクラスのシェアを誇り、設計者の間でも”2DCAD=AutoCAD”という認識が強く、このCADを標準として取り入れている企業も数多くあります。

クラウドワークスやランサーズでも作業環境にAutoCADを推奨している案件が多く、逆にこのCADが無いと受けられないといった仕事も存在します。

Autodesk(オートデスク)

初心者の方でも使いやすい設計になっていますが、すでに様々なサイトで使い方が紹介されているので、困ったことがあっても大抵は解決できてしまいます。

またセミナーも多く開催されているので、がっつりAutoCADを使いたい方は、セミナーを受講してみるのも良いかもしれませんね。

※ここで注意が必要なのですが、AutoCADには2種類のCADがあります。

AutoCAD LT・・・2D機能のみ
AutoCAD・・・2D機能にプラスして3D機能が付いている

料金的にはAutoCAD LTのほうがかなり安くすむので、まずは2D機能のみのAutoCAD LTを利用することをおすすめします。

実際私はAutoCADを使用していますが、AutoCADは2Dに特化しており、3D機能はちょっと使いずらい部分があります。

(機械設計の業界的にも2DはAutoCAD、3Dは他の3D専用CADと使い分けている企業もあります)

3DCADならFusion360

3DCADではFusion 360がおすすめです。

Fusion 360もAutoCADと同じAUTODESK社の商品になります。

使いやすい3DCADとして評価が高いのですが、価格面でも大きなメリットがあります。

Autodesk(オートデスク)

通常利用する場合は料金がかかるのですが、個人利用のみ(非商用)だと1年間無料でFusion 360を利用することができます。

無料版では多少の制限はありますが、基本的な機能は問題なく使えるので、「練習してから購入したい」「仕事を受ける前に使い方を把握しておきたい」といった方にはもってこいのサービスですね。

またFusion 360は他の3DCADに比べて比較的安く、月5千円程度で利用できるのも魅力的です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました