機械設計に疲れた方は、ストレスの少ない”CADオペレーターへの転職”を考えてみてください。

 >>現行スキルを活かした”CADオペレーター”という選択肢

未経験からCADオペレーターになる方法を現役設計士が解説【副業に最適】

未経験からCADオペレーター 機械設計者の転職

CADオペレーターは時給が高く、在宅リモートワークにも適している人気の職業です。

そのため転職や副業でCADオペレーターを目指す人は年々増えてきていますが、その中で「CADを使ったことない未経験者でも、CADオペレーターになれるの?」と疑問に思われる方も多くいます。

結論から言うと、未経験者でもCADオペレーターになる事は可能です。

なぜならCADオペレーターの求人には未経験者OKのものが多くあり、さらに最近はオンライン上で”CADの使い方”や”製図の仕方”を無料で勉強できる環境が整っているので、独学で勉強しスキルを上げていくこともできるからです。

スキルと経験を積めば、完全在宅ワークができるのがCADオペレーターの強みです。

ただ具体的な方法はなかなか調べても見つけられないので、この記事では”未経験からCADオペレーターになる方法”について詳しく紹介します。

CADオペレーターの仕事は専門的で難しそうに思えますが、ある程度CADの操作に慣れてしまえば、将来的には高い時給を貰うことができます。

また記事の後半では完全在宅ワークを行う方法も解説していますので、在宅CADオペレーターを目指したい方はぜひ最後までご覧ください。

この記事で分かる事
  • 未経験でもCADオペレーターになれる方法

  • 独学で在宅CADオペレーターを目指す方法
  • 未経験でもCADオペレーターになる方法

    未経験でもCADオペレーターになる方法

    未経験でCADオペレーターになるには、まずは派遣会社に登録し、未経験者OKの会社で働くのが一般的です。

    というのもCADオペレーター専門の正社員の求人は数が少なく、あったとしても”将来は設計士へキャリアアップし、会社の前線でバリバリ働く”というのを前提とした場合がほとんどだからです。

    ただ、CADオペレーターを目指すほとんどの方は、「自分の生活に無理のない範囲で、CADを使って仕事をしたい」という考えだと思うので、その場合は先述したとおり派遣社員として働くのが一般的です。

    未経験でも、一度派遣社員としてCADオペレーターとして働けば、CADの使い方や製図の知識などのスキルを習得できます。

    そのようなスキルや経験を身につければ、それを強みにできるので、正社員にステップアップしたり、在宅ワークへ切り替えたりと仕事の自由度が高まります。

    具体的なCADオペレーターの派遣会社にはエンジニア派遣の「パーソルテクノロジースタッフ」という会社が有名です。

    パーソルテクノロジースタッフ(旧 インテリジェンスの派遣)
    パーソナルテクノロジースタッフ
    • CADオペレーター求人が豊富
    • 時給2,500円以上の求人が多数
    • リモートワーク案件が多い
    • 福利厚生が充実

    パーソナルテクノロジースタッフはエンジニアに特化した人材派遣会社です。

    エンジニア特化なので、CADオペレーターや機械設計の仕事が豊富にあるのが特徴です。

    CADオペレーターの一般的な時給は1500〜2000円ですが、パーソナルテクノロジースタッフには 2,500円以上の高単価案件が沢山あります。

    また嬉しい特典として、この会社は福利厚生が充実しています。

    なんと全ての案件に対して「交通費」が支給され、さらに長期雇用前提であれば、派遣でありながら派遣先の会社との契約後すぐに有給が付与されます。

    CADオペレーターの求人数が豊富で、自分に合った仕事が見つかりやすいのが印象的です。

    もう一つ嬉しい特徴として、パーソナルテクノロジースタッフには“キャリアアドバイザー”というスタッフが仕事を見つける手伝いをしてくれます。

    キャリアアドバイザー

    希望性のカウンセリングを通して、希望の職業や会社をヒアリングし、ステップアップできる会社を紹介してくれるサービス のことです。

    キャリアアドバイザーに対する満足度は96%以上と高評価なので、自分で仕事を探せるか不安な方も安心して相談できます。

    \ 時給2,500円以上のCADオペレーター求人多数 /

    独学で在宅CADオペレーターを目指す方法

    独学で在宅CADオペレーターを目指す方法

    また、CADオペレーターは在宅ワークとの相性もいいため、完全在宅ワークでもCADオペレーターの仕事を受けることができます。

    ただし在宅ワークするには次のことが必要となります。

    • 独学で知識を付ける
    • 高性能パソコンを用意する
    • 汎用性の良いCADソフトを用意する
    • 自分のスキルに合った仕事を受注する

    これらはのどれか一つでも欠けてしまうと、在宅ワークが成り立たなくなってしまうので注意しましょう。

    詳細についてそれぞれ解説していきます。

    オンラインで独学で勉強する

    昔は独学する方法には“本を購入する“という方法くらいしかありませんでしたが、今はオンラインで独学する環境がかなり整っています。

    YouTubeではCADの開発元がCADの使い方講座を公開していたり、オンラインスクールでは機械、建設、土木など職種ごとに研修を受けることができます。

    このように無料で勉強できるツールがオンライン上に多くあるので、まずはそういったツールでCADについて無料で勉強し、実際の“経験値“は働きながら習得するといった方法をとりましょう。

    PCを揃える

    在宅ワークするには自分で仕事道具を用意しなくてはいけません。

    CADオペレーターの場合は“高性能PC“と“CADソフト“になります。

    CADは高性能なPCでないと動かないので、高性能PCが無い場合は準備が必要です。

    ※ここで注意点ですが、CADには2Dと3Dがありますが、できる限り3DCADを使えるPCを選んでください。一昔前なら2DCADのみでもよかったのですが、最近では3DCADが業界で標準化しています。

    「3DCADが使えないと仕事が受けられない」といったデメリットが発生してしまうので、可能なかぎり始めから3DCADが動かせるスペックのPCを準備しておきましょう。

    詳しくは3DCADが使えるスペックと機種をまとめた記事があるので、そちらをご覧ください。

    【デスクトップ】3DCADを動かせる推奨パソコン一覧

    【ノート】3DCADを動かせる推奨パソコン一覧

    CADソフトを揃える

    CADはおおまかに2D,3Dの2種類がありますが、より多くの種類の仕事を受注するために両方準備しましょう。

    CADを2種類そろえるとなると費用面で心配になりますが、AUTODESK社の“AutoCAD(2D)““Fusion368(3D)“であれば費用をかなり抑えることができます。

    さらにこれらのCADはユーザー数も業界トップレベルなので、受ける仕事の数も多くなり安定して稼ぐことができます。

    Fusion 360で得られるメリットはこちらの記事で詳しく紹介しているので、併せてご覧ください。

    ここで、「どうしても片方しか揃えられない…」という方は2Dの”AutoCAD”だけでも持っておきましょう。”AutoCAD”はFusion 360より汎用性が高くより多くの業界でメジャーなので、仕事の幅も大きくできます。

    在宅ワークの仕事はオンラインで探す

    先ほど紹介したオンライン求人サービス“パーソナルテクノロジースタッフ“では在宅ワークOKの求人も多くあります。

    自分の時間やスキルに合った求人を見つけることができれば、専業だけでなく副業CADオペレーターとして働く事も可能です。

    \ 時給2,500円以上の在宅CADオペレーター求人多数 /

    未経験でCADオペレーターになる方法まとめ

    未経験でCADオペレーターになるには次の通りです。

    • エンジニアに特化した派遣会社で仕事を見つける

    また在宅CADオペレーターを目指す方法は次の通りです。

    • 独学で知識を付ける
    • 高性能パソコンを用意する
    • 汎用性の良いCADソフトを用意する
    • 自分のスキルに合った仕事を受注する

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました