30代の機械設計者の転職で後悔しないために必要な考え方

30代の機械設計者の転職で後悔しないために必要な考え方 機械設計

30代の機械設計者は設計者としての経験をある程度積み、エンジニアとしてのスキルも豊富です。

そこでさらなるスキルアップを目指したり、もっと良い待遇で働きたいとの思いから転職を考える人も多くなります。

この記事では、30代の機械設計者が転職する時に持っておきたい考え方や、失敗しない転職をする方法を解説します。

30代の機械設計者の転職は即戦力としての需要が基本

30代の機械設計者に求められるのは、ズバリ「即戦力」です。

 20代であれば、転職者に対してもしっかり教育してくれる場合が多いです。

ただそれは企業側も、20代であればスキルや経験が浅い事を理解していて、教育することを前提にしているからです。

しかし30代の機械設計者に求められるのは、ある程度成熟した知識と一定以上の経験です。

自社の仕事の仕方や業界特有のルールなどを教育する期間はありますが、設計者として教育はしてくれない場合がほとんどです。

その為、即戦力となるようなスキルや経験が30代の機械設計者には必要となります。

必要となるスキル・経験
・CAD設計スキル
・設備の仕様検討の経験
・プロジェクトリーダーの経験
・社内改善実績

設計者としてのスキルはもちろん必要ですが、社内改善活動といったような会社をよくしようとする活動なども評価ポイントとなります。

30代の転職を失敗しない為には「転職エージェント」を利用しよう

いよいよ「転職活動するぞ!」となった時、まずは自分でハローワークや企業のHPを見て転職先を探すという人が多いですが、実はオススメできません。

自分一人で転職先を探すにしても、「企業の数」や「取得できる情報の深さに」は限界があります。

特に30代だと仕事をしつつ家族との時間も確保する必要があります。

そうなってくると、転職先をじっくり吟味するようなまとまった時間をとることは難しくなります。

そこで、実際に転職活動を考える段階になったら「転職エージェント」を利用することを強くオススメします。

転職エージェント利用のメリット
①転職先を探す手間が浮かせられる
②非公開の求人を見つけられる

転職先を探す時間を浮かせられる

機械設計者は残業が習慣化しており、毎日1~2時間の残業は珍しくありません。

独身ならば残業終わりに転職活動をすることができますが、家庭がある30代の人にはそんな時間はありません。

特に子育て中であればなおさら時間は無く、休日も自分の時間がとれなくなります。

その中で転職活動をするのはかなり厳しく、転職先を調べることさえもできません。

そこで転職エージェントのメリットが活かされてきます。

転職エージェントはあなたにあった転職先を数百社の中から選んでくれます。

自分で転職先を探すのは結構な手間で、仕事内容、給料、残業時間などを何社も比べて取捨選択する必要があります。

その手間を無料で手助けしてくれるのが転職エージェントです。

非公開の求人を見つけられる

企業によっては一般の人には公開していない非公開の求人がある場合があります。

非公開の理由は色々あるのですが、大体が「給与や仕事内容などの内部情報を競合他社に知られたくない」や「リソースに限りがあるので、選考前に求職者を絞りたい」といった理由です。

また非公開求人の場合、専門性なスキルに特化した人を求めている場合が多く、給与も相場より高い傾向があります。

この非公開求人に応募するには、転職エージェント経由で応募する必要があります。

これが転職エージェントを利用する大きなメリットとなります。

また転職エージェント側からも、あなたのスキルや考え方にマッチする非公開求人の情報を提供してくれます。

 

転職エージェントにdoda マイナビエージェント があります。

転職エージェントには合う合わないがあるので、複数利用することで自分に合った転職エージェントを見つけることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました