疲れた機械設計者へ”CADオペレーターへの転職”をおすすめする3つの理由と転職方法

疲れた機械設計者へ”CADオペレーターへの転職”をおすすめする3つの理由と転職方法 機械設計者の副業

機械設計の仕事をしていると、「責任の重さ」や「管理業務の多さ」が原因で、ある時から急に精神的に辛くなることがありませんか?

そんな方には、機械設計以外の転職がおすすめですが、数ある転職先の中で特におすすめなのが、『CADオペレーター』です。

CADオペレーターであれば、機械設計で感じた精神的なストレスを軽減しつつも、機械設計スキルを生かした仕事ができ、なおかつ将来性もあります。

転職でネックになる「新しい仕事を覚えられるか不安…」といった問題を、最初から解決できちゃうのがこの転職のポイントです。

この記事では、機械設計者の転職にCADオペレーターがおすすめな理由と、CADオペレーターへの転職方法を紹介します。

またCADオペレーターは副業としても出来るので、「転職までは考えてないけど、収入は増やしたい」といった機械設計者の方にも読んでほしい内容です。

機械設計者の転職にCADオペレーターがおすすめな3つの理由

CADオペレーターへの転職は、機械設計者にとって3つのメリットがあります。

  • 機械設計のスキルがそのまま使える
  • 図面を描くのに集中できる
  • 様々な分野の設計に携われる

それぞれ解説していきます。

【メリット1】機械設計のスキルがそのまま使える

CADオペレーターの主な仕事内容は次の通りです。

  • 設計者の指示で図面作成する
  • 図面修正する
  • 2D⇔3Dの変換をする

これら全ての業務をCADで行うので、CADスキルは必須となります。

しかし機械設計者はCADを普段からガッツリ使っているので、そのCADスキルがそのまま活かせるというメリットがあります。

(もちろんCADソフトごとの操作方法の習得には、多少の慣れが必要です)

CADオペレーターは”CAD”という特殊なスキルが必要な分、時給も他業種より高くなります

そのスキルを始めから持っているということは、それだけ有利に仕事を始められることになるので、これを使わない手はありませんんね。

【メリット2】図面を描くのに集中できる

機械設計の仕事では図面を描く以外に様々な業務をしなくてはなりません。

  • 仕様の打ち合わせ
  • 他部署とのやり取り
  • 完成した図面の検図
  • 出図手配
  • 出図後の不具合対応…etc

もちろんこれらの仕事にはやりがいがあるのですが、「図面を描きたい」「設計に集中したい」というタイプの人にはストレスになる場合があります。

その点、“依頼された内容でしっかり図面を仕上げる”のがCADオペレーターの役割なので、他の仕事をしなくてもいい分、図面を描く作業にどっぷりと集中できます。

機械設計のように業務が複雑化することもほぼありません。

「複雑化した業務よりも、CADで図面を描く方が楽しい」と感じてる人には、CADオペレーターはピッタリな職業ですね。

【メリット3】様々な分野の設計に携われる

会社勤めの機械設計者だと、ほとんど場合その会社が扱ってる機械に関する事しか情報が得られません。

もし他の種類の機械の情報が知りたい(関わりたい)といった場合は、その都度他会社へ転職するしかありません。

しかしCADオペレーターは仕事柄複数の会社と仕事のやり取りできるので、様々な機械の事を学べます

やりようによっては、機械、建築、デザインなどの複数の分野を経験する事も可能です。

1つの業界に留まらず、色んな業種の事を知りたいといった方にもCADオペレーターは向いていますね。

機械設計からCADオペレーターに転職する方法

では実際に機械設計からCADオペレーターに転職し、仕事を始める方法を解説します。

具体的には次の流れとなります。

  1. CADが使えるPCを準備する
  2. CADを準備する
  3. CADオペレーターの仕事を受注する

それぞれ解説していきます。

【Step 1】CADが使えるPCを準備する

まずはCADを使うPCを準備しましょう。

CADを動かすにはスペックの高いPCが必要になるので、まずはCADが使えるPCを新調する必要があります。

※ここで注意点ですが、CADには2Dと3Dがありますが、できる限り3DCADを使えるPCを選んでください

一昔前なら2DCADのみでもよかったのですが、最近では3DCADが業界で標準化しています。

「3DCADが使えないと仕事が受けられない」といったデメリットが発生してしまうので、可能なかぎり始めから3DCADが動かせるスペックのPCを準備しておきましょう。

詳しくは3DCADが使えるスペックと機種をまとめた記事があるので、そちらをご覧ください。

【デスクトップ】3DCADを動かせる推奨パソコン一覧

【ノート】3DCADを動かせる推奨パソコン一覧

【Step 2】 CADを準備する

PCが準備できたら次はCADの準備をしましょう。

仕事先によってはCADを支給してくれる会社がありますが、割合で言ったら少ないので自分でCADを持っておく必要があります。

準備するCADは、2Dと3Dどちらの仕事にも対応出来る様に、2DCADと3DCAD両方を持っておくのが理想的です。

せっかく仕事があるのに、CADが無いから断るのはもったいないですよね。

せっかく受けたい仕事がたくさんあっても、CADが無いから断るのはもったいないですよね。

CADを2種類そろえるとなると費用面で心配になりますが、AUTODESK社の“AutoCAD(2D)““Fusion368(3D)“であれば費用をかなり抑えることができます。

さらにこれらのCADはユーザー数も業界トップレベルなので、受ける仕事の数も多くなり安定して稼ぐことができます。

Fusion 360で得られるメリットはこちらの記事で詳しく紹介しているので、併せてご覧ください。

【Step 3】 CADオペレーターの仕事を受注する

PCとCADの準備ができたら、いよいよ仕事の受注です。

CADオペレーターは次の3つの方法で仕事を行います。

  • 正社員
  • 派遣社員
  • フリーランス

特に派遣社員やフリーランスであれば、前述したメリット“様々な分野の設計に携われる“を最大限に利用できます。

派遣社員、フリーランスの求人は主に以下のサイトで探す事ができます。

パーソナルテクノロジースタッフ

パーソルテクノロジースタッフ(旧 インテリジェンスの派遣)
パーソナルテクノロジースタッフ
  • CADオペレーター求人が豊富
  • 時給2,500円以上の求人が多数
  • リモートワーク案件が多い
  • 福利厚生が充実

パーソナルテクノロジースタッフはエンジニアに特化した人材派遣会社です。

エンジニア特化なので、CADオペレーターや機械設計の仕事が豊富にあるのが特徴です。

職種ごとにかなり細かく検索できます。 (HPの検索画面より)

CADオペレーターの一般的な時給は1500〜2000円ですが、パーソナルテクノロジースタッフには 2,500円以上の高単価案件が沢山あります。

また嬉しい特典として、この会社は福利厚生が充実しています。

なんと全ての案件に対して「交通費」が支給され、さらに長期雇用前提であれば、派遣でありながら派遣先の会社との契約後すぐに有給が付与されます。

CADオペレーターの求人数が豊富で、自分に合った仕事が見つかりやすいのが印象的です。

\ 時給2,500円以上のCADオペレーター求人多数 /

クラウドテック

クラウドテック
  • 月給30万越えの求人多数
  • 仕事が途切れない仕組みを導入
  • リモートワーク案件が多い
  • エンジニア求人多数

クラウドテックはキャリアサポーターとうスタッフが専属で付きます。

このキャリアサポーターが自分に合った仕事を探してくれているので、現在取り組み中の仕事が終わるタイミングで、すぐに次の仕事を紹介してくれます

途切れる事なく仕事が入るので、自分で仕事を探す手間が省ける上に、安定した収入も見込めます。

CADオペレーターの求人数が豊富で フリーランスの大きな不安面である「仕事が途切れないか」という心配がないので、安心して仕事に打ち込めますね。

\ 月給30万円以上の求人多数 /

【まとめ】機械設計者の転職に”CADオペレーター”がおすすめな理由とその方法

以上が機械設計の転職にCADオペレーターがおすすめな理由と、CADオペレーターになる方法です。

CADオペレーターがおすすめな3つの理由
  • 機械設計のスキルがそのまま使える
  • 図面を描くのに集中できる
  • 様々な分野の設計に携われる
CADオペレーターになる方法
  1. CADが使えるPCを準備する
  2. CADを準備する
  3. CADオペレーターの仕事を受注する

以上となります。

最後までご覧いただきありがとうございます。

コメント

  1. […]  >>現行スキルを活かした”CADオペレーター”という選択肢 […]

  2. […]  >>現行スキルを活かした”CADオペレーター”という選択肢 […]

タイトルとURLをコピーしました