機械設計エンジニアの転職に必要なのは入念な下準備

機械設計エンジニアの転職に必要なのは入念な下準備 機械エンジニアの転職

機械設計エンジニアの転職を成功させるには“入念な下準備“が必要です。

中途半端な準備しかせずに転職活動をしてしまうと「思ってた(聞いてた)話と違う」「転職して後悔した」などの失敗をしてしまいます。

そこでこの記事では、自分の希望通りの転職をするために必要な下準備について解説していきます。

こんな人にオススメ
  • 希望通りの転職先に出会いたい
  • 転職前と同じ悩みを持ちたくない
  • 効率良く転職活動したい

機械設計エンジニアの転職を成功させる2つの下準備

転職に至る悩みを明確にする

まずは「自分はなぜ転職したいのか」の理由を明確にしましょう。

どんな悩みを解消したいかによって転職先は大きく変わります。

よくある悩み
  • 残業、休日出勤が多くプライベートの時間が持てない
  • 仕事内容が自分に向いてない
  • 上司の無茶振りがひどすぎる
  • 給料に希望が持てない

分かりやすくする為にも、自分の悩みをメモに書き出すなどして「どんな悩みを解消する為の転職なのか」をはっきりさせましょう。

この時、解消したい順に順位を付けるとより分かりやすくなります。

自分のスキル・経験を誰が聞いても分かるようにする

次に自分が持っているスキルや経験を把握しましょう。

スキル・経験の洗い出し例
  • 使えるCADの種類
  • 管理業務の経験
  • 経験した設計義務の幅※

※経験した設計業務の幅とは?

経験した業務によって設計スキルは大きく変わり、面接でも必ず聞かれる重要ポイントでもあります。

設計レベルが高い業務順は以下の通りです。

設備全体の見積り→設備全体の主管→部分的な機構設計→部品図面作成

さらに機械設計以外の制御設計、ソフト設計ができるエンジニアはかなり転職に有利となります。

また機械設計者の応募は“プレイヤーと“マネージャー“の2種類に分かれます。

プレイヤーにはCADを使った実設計経験、マネージャーには部下や外注設計を管理し、仕事を円滑に進める能力がそれぞれ求められます。

この両方の経験が豊富なら多くの企業から“引くてあまた“なのですが、そうでない方は自分がプレイヤーなのかマネージャーなのか、またどちらの業務を転職先でしたいかをハッキリとさせておきましょう。

苦労した下準備は「転職エージェント」で無駄なく使おう

手間暇かけて行った下準備も、上手く活用できなければ意味が無くなります。

よくある失敗が「転職希望の企業と直接やり取りしたが、相手に遠慮して自分の希望を伝えきれなかった」「面接してみたけど、自分のスキルとマッチしない部署を進められた」などです。

このような失敗を回避する為にも転職エージェントを利用しましょう。

先程述べた下準備(自己分析)を転職エージェントに伝えることで、転職エージェントがその希望に合わせた企業を探してくれます。

その場合もただ探すだけではなく、希望がマッチしているのかを転職エージェントと企業側であらかじめ打合せしてもらえます。

※自分が一からやる転職活動だと、企業とのミスマッチングは面接まで行かないと分からない事が多く、かけた多くの時間の多くが無駄になってしまいます。

このように、転職エージェントを利用する事で自己分析を無駄なく最大限に活かす事ができます。

転職エージェントには他にもメリットが多くあります。こちらの記事にまとめてあるのでぜひご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました